しぼりたての日本酒とは?新酒との違いは?

しぼりたて、新酒などと聞くことがあるけど、何のことか分からない方のために、ご説明したいと思います。

しぼりたての日本酒とは?新酒との違いは?

しぼりたての日本酒とは

お米は秋に収穫されます。収穫されたばかりのお米を新米と呼びますよね?それと同じで、新米で作られた日本酒を新酒と呼び、しぼりたてと新酒は意味は同じです。

ではいつの間のお酒がしぼりたて(新酒)と呼ぶのか、というのは厳密に決まった定義はないようですが、新米で作られた日本酒が出荷されるのが12月~1月の間で、そのあたりに出荷されている新米で作られた日本酒のことをしぼりたてと呼びます。お店で「しぼりたて」として出されるのは3月くらいまでです。

しぼりたての日本酒の味は?

しぼりたて、新酒の日本酒は貯蔵期間が短いため、通常の日本酒と比べてさっぱり爽やかで、フルーティーな味わいになります。爽快感を楽しむならしぼりたて、新酒です。

一方で、熟成された日本酒は味わいが深く、濃い味になり、それはそれで美味しいので、お好みや、そのときの気分、お料理によって変えてみて、楽しんでいただければと思います。

しぼりたての日本酒に合う料理

しぼりたての日本酒は爽快感あり、後味、口の中がさっぱりするので、どんな料理にも合うと言えます。揚げ物や、味噌や醤油を使った濃い味の料理、例えば味噌漬けや、煮付けなども合うと思います。関内にある創作の美味しい日本料理と日本酒が楽しめる当店おすすめ、お客様絶賛の米茄子田楽などはピッタリだと思います!

まとめ

しぼりたて、新酒と呼ばれる日本酒とは何かと、どのような特徴があるかご説明しました。当店もその時期には扱いますので、ぜひ今から楽しみにしていてください!

著者のイメージ画像

白澤 慶

創作バルannaとお結びさんどannaのオーナー。ラウンジkiyoraのオーナーでもある。